包茎手術でよくある口コミ体験談|ツートンカラーになってしまった

口コミ体験談でよくあるツートンカラー

見た目を改善して自分に自信を持ちたい、炎症や湿疹、包皮内結石や癒着など病気のリスクを減らしたい、垢やにおいなどがあり清潔が気になるという人が多く受けているのが包茎手術です。包茎手術では余分な包皮を切り取って縫い合わせることによって、余っている皮を減らし、亀頭が露出するようにします。余分な包皮が取り除かれるため、見た目がすっきりとたくましくなり、清潔も保ちやすくなる他、病気にもなりにくくなる手術です。
包茎手術をした人の口コミ体験談をみると、ツートンカラーになってしまい見た目が不自然で、手術した部分がはっきりと分かって気になるという物があります。手術の仕方によって、包皮の内側にあった肌色の部分と、外側にあり色素沈着をして褐色になっている部分が縫い合わされてしまうとツートンカラーになるという訳です。機能的には問題がなくても、見た目の不自然さが残ってしまうと後悔する人も多い事例です。

ツートンカラーを防ぐ方法

包茎手術をした人の口コミ体験談でよくあるツートンカラーは、これまで河の内側に入っていた肌色の部分と外側にある褐色の部分が接合されることによって生じます。色の濃淡を変えることはできませんが、色の濃淡が目立ちにくいように切除する位置を工夫することで、自然なグラデーションをつくることが可能です。
ツートンカラーを防ぐためには、事前に包茎手術を行っているクリニックの口コミ体験談などをみて、ツートンカラーになってしまった人がいるクリニックを避けることをおすすめします。手術の方法がツートンカラーになってしまう方式を採用している可能性が高いので、色の濃淡がはっきりと分かるのを避けたいという人にはおすすめできません。クリニックでいきなり手術を決めるのではなく、ドクターに相談することができるカウンセリングを利用し、手術の方法を詳しく聞くことがポイントです。カウンセリングの時に、ツートンカラーになるのが気になるということを伝えることも大切です。

まとめ

包茎手術をして、自分に自信を持つはずだったのに、ツートンカラーになり後悔しているという人がおり、口コミ体験談でよくあります。ツートンカラーを避けるためには、口コミ体験談を参考にするほか、カウンセリングを利用してドクターにツートンカラーについての相談もしてみると良いでしょう。手術の内容を詳しく教えてもらったり、ツートンカラーが嫌なことをはっきりと伝えることもおすすめの方法です。満足度の高い包茎手術にするために、カウンセリングを積極的に活用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です