スカッシュも給湯器のようにどの家庭でも必要なものだったら。

スカッシュの認知、および人口が増えない理由として、
その設備が必要ということが挙げられます。
アイススケート施設が、全国各地にあって普及しているのは、
アイススケートのブームに加えバブルという特殊要因があった背景があるのですが、
スカッシュの場合、ブームはブームでもローカルで、
新しく施設を作るにしても採算がとれない場合の方が高く、
認知と人口の増加へのハードルは高いと言わざるを得ません。
給湯器のようにどの家庭でも必要なものだったらいいですけど、そうではないですからね。
せめて、テニスラケットと同じものだったら、増加のハードルは低かったかも…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です